Solo Exhibition, 2020

2020

NYで生活するつもりだった。
いつもどおり友人たちとハグしてハイタッチして、
笑いながら過ごすつもりだった。
いつもどおりハッピーな気分で
絵を描き続けるつもりだった。
でも突然国境は閉ざされ、
だれかと過ごすこともできなくなった。
憧れの人は国境のない場所へと旅立った。
だれもが怒り、悲しみ、そのやり場のない感情を
だれかにぶつけようとした。
希望を失いそうになった。
それでも希望にすがらずにはいられなかった。

2020年は特別な1年だと、だれもがいう。
たしかにそのとおりだと思う。
感情が揺すぶられ、思考がとりみだれ、
ときにはその両方がシャットダウンしそうにもなった。
こんな経験はしたことがないし、もう二度としたくない。

でもひとつだけわかっていたことがある。
アートは決して死なないということ。
アートは決してロックダウンしないということ。
だから僕は、僕が見た2020年の“景色”を
描いてみようと思った。
この時代を生きるひとりのアーティストとして、
自分なりに特別な1年に向き合う。
そうすることで僕は、
この2020年を記憶に残そうと思う。

SHUN SUDO


会期 : 2020年 12月10日 – 12月27日
会場 : ANB Tokyo 3F & 6F

Solo Exhibition, 2020

2020

NYで生活するつもりだった。
いつもどおり友人たちとハグしてハイタッチして、
笑いながら過ごすつもりだった。
いつもどおりハッピーな気分で
絵を描き続けるつもりだった。
でも突然国境は閉ざされ、
だれかと過ごすこともできなくなった。
憧れの人は国境のない場所へと旅立った。
だれもが怒り、悲しみ、そのやり場のない感情を
だれかにぶつけようとした。
希望を失いそうになった。
それでも希望にすがらずにはいられなかった。

2020年は特別な1年だと、だれもがいう。
たしかにそのとおりだと思う。
感情が揺すぶられ、思考がとりみだれ、
ときにはその両方がシャットダウンしそうにもなった。
こんな経験はしたことがないし、もう二度としたくない。

でもひとつだけわかっていたことがある。
アートは決して死なないということ。
アートは決してロックダウンしないということ。
だから僕は、僕が見た2020年の“景色”を
描いてみようと思った。
この時代を生きるひとりのアーティストとして、
自分なりに特別な1年に向き合う。
そうすることで僕は、
この2020年を記憶に残そうと思う。

SHUN SUDO


会期 : 2020年 12月10日 – 12月27日
会場 : ANB Tokyo 3F & 6F

Solo Exhibition, 2020

2020

NYで生活するつもりだった。
いつもどおり友人たちとハグしてハイタッチして、
笑いながら過ごすつもりだった。
いつもどおりハッピーな気分で
絵を描き続けるつもりだった。
でも突然国境は閉ざされ、
だれかと過ごすこともできなくなった。
憧れの人は国境のない場所へと旅立った。
だれもが怒り、悲しみ、そのやり場のない感情を
だれかにぶつけようとした。
希望を失いそうになった。
それでも希望にすがらずにはいられなかった。

2020年は特別な1年だと、だれもがいう。
たしかにそのとおりだと思う。
感情が揺すぶられ、思考がとりみだれ、
ときにはその両方がシャットダウンしそうにもなった。
こんな経験はしたことがないし、もう二度としたくない。

でもひとつだけわかっていたことがある。
アートは決して死なないということ。
アートは決してロックダウンしないということ。
だから僕は、僕が見た2020年の“景色”を
描いてみようと思った。
この時代を生きるひとりのアーティストとして、
自分なりに特別な1年に向き合う。
そうすることで僕は、
この2020年を記憶に残そうと思う。

SHUN SUDO


会期 : 2020年 12月10日 – 12月27日
会場 : ANB Tokyo 3F & 6F

Solo Exhibition, 2020

2020

NYで生活するつもりだった。
いつもどおり友人たちとハグしてハイタッチして、
笑いながら過ごすつもりだった。
いつもどおりハッピーな気分で
絵を描き続けるつもりだった。
でも突然国境は閉ざされ、
だれかと過ごすこともできなくなった。
憧れの人は国境のない場所へと旅立った。
だれもが怒り、悲しみ、そのやり場のない感情を
だれかにぶつけようとした。
希望を失いそうになった。
それでも希望にすがらずにはいられなかった。

2020年は特別な1年だと、だれもがいう。
たしかにそのとおりだと思う。
感情が揺すぶられ、思考がとりみだれ、
ときにはその両方がシャットダウンしそうにもなった。
こんな経験はしたことがないし、もう二度としたくない。

でもひとつだけわかっていたことがある。
アートは決して死なないということ。
アートは決してロックダウンしないということ。
だから僕は、僕が見た2020年の“景色”を
描いてみようと思った。
この時代を生きるひとりのアーティストとして、
自分なりに特別な1年に向き合う。
そうすることで僕は、
この2020年を記憶に残そうと思う。

SHUN SUDO


会期 : 2020年 12月10日 – 12月27日
会場 : ANB Tokyo 3F & 6F

Solo Exhibition, 2020

2020

NYで生活するつもりだった。
いつもどおり友人たちとハグしてハイタッチして、
笑いながら過ごすつもりだった。
いつもどおりハッピーな気分で
絵を描き続けるつもりだった。
でも突然国境は閉ざされ、
だれかと過ごすこともできなくなった。
憧れの人は国境のない場所へと旅立った。
だれもが怒り、悲しみ、そのやり場のない感情を
だれかにぶつけようとした。
希望を失いそうになった。
それでも希望にすがらずにはいられなかった。

2020年は特別な1年だと、だれもがいう。
たしかにそのとおりだと思う。
感情が揺すぶられ、思考がとりみだれ、
ときにはその両方がシャットダウンしそうにもなった。
こんな経験はしたことがないし、もう二度としたくない。

でもひとつだけわかっていたことがある。
アートは決して死なないということ。
アートは決してロックダウンしないということ。
だから僕は、僕が見た2020年の“景色”を
描いてみようと思った。
この時代を生きるひとりのアーティストとして、
自分なりに特別な1年に向き合う。
そうすることで僕は、
この2020年を記憶に残そうと思う。

SHUN SUDO


会期 : 2020年 12月10日 – 12月27日
会場 : ANB Tokyo 3F & 6F

Coming soon ...